ヒデのブログ

副業・恋愛ほか役に立つ記事紹介してます!!!

【青春時代】大人が思う高校生の時に恋愛でしておけばよかったと後悔することベスト10

【青春時代】大人が思う高校生の時に恋愛でしておけばよかったと後悔することベスト10

【青春時代】大人が思う高校生の時に恋愛でしておけばよかったと後悔することベスト10

青春時代と言われて思い出されることが最も多いのは高校時代ではないでしょうか?

高校生にもなると程度体も心も成長しており、いろんなことを楽しむことができるので大人になっても「あの頃は楽しかった」と振り返る場面が多くあることでしょう。

今回はそんな大人達が現役高校生に伝えたい「高校時代の恋愛でやっておけばよかったと後悔していること」をランキング形式でご紹介していきます。

 

高校時代の恋愛は唯一無二

大人になって思えば、高校時代の恋愛ほど清純で自由で楽しいものはありません。

現役高校生の方の中には「大人になってからの方が楽しいのでは?」と思う方もいるとは思いますが、やはり高校時代に味わった甘酸っぱい思い出は何人経っても色あせることなく鮮やかな思い出として心の中に残ります。

それほど高校時代の3年間でする恋愛は貴重なものだということをまず覚えておいてください。

 

高校時代の恋愛でやっておけばよかったことベスト10

ではここからは大人達が思う高校時代の恋愛で「もっとこうしておけばよかった」と後悔していることについてご紹介していきます。

現役高校生の方は後悔しないように、この3年間という貴重な時間を満喫してください。

 

10位:部活姿をもっと見ておけばよかった

部活動をしている姿は高校時代しか見ることができません。

恋人が一生懸命に部活動に打ち込む魅力的な姿をもっと見ておけばよかったと後悔する人も多いようです。

 

9位:1人の人と付き合えばよかった

これはかなり少ない意見ではありますが、複数の異性と付き合っていたことを後悔する人もいるようです。

高校時代のそのような恋愛は同級生で集まった時に何歳になっても話題として上がります。

大人になるとそのような若気の至りが語り継がれるのを恥ずかしいと思うので、後悔するようです。

 

8位:異性の友達を大事にすればよかった

高校を卒業するとなかなか異性との出会いがないという人も増えるようで、異性の友達を作るのも難しいです。

そのため、高校時代にもっと気兼ねなく話のできる異性の友達を作っておけばよかったと思う方もいるようです。

高校時代の友達は一生の友達になることも多いですし、コンパなどを開催してもらうこともできるので、重宝している大人が多いようです。

 

7位:普通のデートや通学をもっと楽しめばよかった

恋人とのデートをより楽しむために普段からバイトを頑張ってデートの準備をしているという方も多いとは思いますが、そのような行動も大人になって後悔するパターンです。

大人になればある程度お金の自由を利くようになるので、お金をかけてデートをすることはできるようになります。

ただ、高校時代のようにゆっくりとした時間を確保することはできません。

もちろん恋人とのデートのためにバイトを頑張ることは悪いことではありませんが、バイトばかりの生活ではなく、高校生ならではのお金をかけないデートの時間も作っておくことをおすすめします。

 

6位:堂々と付き合っていればよかった

高校生の時には、特に理由もないけれども付き合っていることを周りに隠して付き合っていたという人も案外多くいるようです。

そして大人になれば、そのような付き合い方に対して後悔をするケースもあります。

隠れて付き合っていると、その恋人との高校時代の学校での思い出を作ることができません。

大人になって学校で過ごす時間が貴重だったと思った時に後悔する人が多いようです。

 

5位:一緒に学校行事を楽しめばよかった

学校行事も高校時代にしかないイベントです。

高校生の時は面倒くさいと思ってしまう場合もあると思いますが、その時にもっと恋人との思い出を作ればよかったと思う人は多いようです。

ぜひ今しかない高校イベントを全力で恋人と楽しんでおくことをおすすめします。

 

4位:自分を好きでいてくれる人を大切にすればよかった

恋愛では相手に追われるよりも、好きな人を追いかけていたいと思う人もいらっしゃることと思います。

特に高校生の時には、好きな人を追いかけて一喜一憂したり、その話を友達とすることも恋愛の楽しみの1つと考えている人は多いのではないでしょうか?

そのため、自分のことを大切に思ってくれる人をおざなりにしてしまったという経験を持つ方も多いようです。

ただ、大人になるとそのままの自分を受け入れ好きでいてくれた人を大切にしなかったことを後悔してしまうケースもあるようです。

大人になると出会いも高校生の時より減りますし、あの頃のようにぞっこんになることも少なくなってしまうため、そのように感じるようです。

また、同窓会で会った時に自分を想ってくれていた人がとても素敵になっていて後悔するというパターンもあります。

 

3位:素直になればよかった

高校生の時には、恋人のことが大好きだと思っていても素直にその気持ちを表現できなかったり、好きな人がいても思いを伝えられなかったりと、素直になれないことがたくさんあると思います。

このように素直になれずにできなかったことはその後時間がたってもずっと心の中に残り続けます。

高校時代の恋愛の思い出が切ないものばかりというのも悲しいですよね。

行動して失敗した後悔よりも行動しなかったことの方が長く深く後悔として残ります。

なかなか素直になれないとも思いますが、ぜひ少し勇気を持って素直に自分の気持ちを表現するようにしましょう。

 

2位:もっと制服でデートすればよかった

高校の時は毎日当たり前に着ていた制服ですが、卒業して大人になると制服が恋しくなってしまうこともあります。

お互いが制服を着てデートするというのは大人になるとほとんど実現することができません。

高校時代には当たり前のことでも、その後長い人生の中ではとても価値があるものとなるのです。

普段、制服姿を見ている高校生は好きな異性や恋人とのデートの時にはその人の私服姿を見たいと思う方もいるかもしれませんが、時には制服でデートをしてみることをおすすめします。

そうすると卒業してからも、「この場所で制服デートした」という風に行った場所が特別な思い出の場所になることでしょう。

今しかできない制服デートを存分に楽しんでみてください。

 

1位:好きだった人に告白しておけばよかった

堂々の第1位は「好きな人に告白をできなかった」という後悔です。

高校時代は恥ずかしくてその思いを打ち明けることができなかった方でも、その後高校を卒業していつでも会えなくなってしまうと、後悔をしてしまうケースもあるようです。

新しい環境でもその人のことが忘れられずに次の恋愛に進めなくなってしまったという人もいるようです。

結果はどちらにせよ、ちゃんと思いを告げるということはとても重要です。

その時は勇気がいることだとは思いますが、好きな気持ちはしっかりと伝えておくといいでしょう。

もしかしたら、相手も同じように好意を持っていながらも勇気がなくて思いを告げられなかっただけかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

高校時代の恋愛の思い出は大人になってもずっと心に残り続けます。

大人になって後悔することのないように、現役高校生の間に自分の気持ちは素直に伝えて最高の恋愛の思い出を作っておいてください!