ヒデのブログ

produced by Hide

20210131095221
20210131095643
20210131100008
20210131094512

実際は賛否両論? 彼氏いない歴=年齢の女性に対する男性の反応と恋人を作るために実践したいことは?

実際は賛否両論? 彼氏いない歴=年齢の女性に対する男性の反応と恋人を作るために実践したいことは?

悩んでいる女性

実は彼氏いない歴=年齢だが過去にそれを明かしたら盛大にいじられたので、二度と口にしないようにしている、普通に恋愛も結婚もしたいが彼氏いない歴=年齢でまともに異性と口を聞いたこともないので交際は非現実的だ……とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。

現在は恋愛以外にも豊富に娯楽が溢れていることや草食男性が増えていることもあって、彼氏いない歴=年齢の女性は特別珍しいものではなくなっています。

とはいえ恋人がほしいと思っている方からすれば、彼氏いない歴=年齢状態はなるべく早く脱したいかと思いますので、実際異性からはどう見られているか、どう行動すればいいかは押さえておきたいポイントです。

本記事では、実際は賛否両論? 彼氏いない歴=年齢の女性に対する男性の反応と恋人を作るために実践したいことは? について紹介します。

 

彼氏いない歴=年齢の女性に対して男性はどう見たり反応しているのか?

そこでここからは、男性にどのように思われているかを見ていきましょう。

 

女性ばかりの学校や職場で出会いが全くなかったのかも

彼氏いない歴=年齢と聞いて男性が思い浮かべるのは、そもそも生活環境に恋愛可能な異性がいなかったというものです。

通っていた学校が女子校だったり配属された職場が既婚者しかいない、男女比が女性側に大きく傾いた職場だったりすると、生活環境での新しい出会いは期待できません。

運が良ければ通勤・通学時に声をかけられたり、友達繋がりで異性と出会うこともあるかもしれませんが、基本的には自分からインカレサークルや恋活パーティーなどに出向かない限り、新しい出会いは訪れないでしょう。

またこうした環境に置かれているのは、何も女性ばかりではありません。

男性も通った学校が男子校や理系大学だったり、専門性の強い職場だったりすると生活圏内に異性がいない状態が多いです。

お相手の男性がそうした生活環境ならば、彼氏いない歴=年齢と聞いても特に驚きはしないことも予想されます。

 

仕事や学業、趣味が忙しく恋愛どころではなかったのかも

現在は多くの女性が夢を叶えるために勉強に精を出したり、能力を活かしてバリバリと働く人も多くなっています。

いつも仕事に追われていたり、資格取得や試験のための勉強に追われているような環境ではよほど器用な人でない限り恋愛まで手を出す余裕はないでしょう。

また最近は趣味に没頭しそれを突き詰める人も増えていますから、恋愛は二の次になってしまうというケースもあります。

勉強や趣味、仕事に明け暮れ、ふと立ち止まった時に恋人がいない寂しさに直面するといったことは多くの男性にも経験があるかと思われます。

 

男女交際禁止の厳格な環境で育てられていそう

昨今の主にネットの場では「毒親」に関する話題が度々浮上するようになりました。

彼氏いない歴=年齢と聞いて、その背景が家庭環境にあるのではないかと想像する方もしばしば見受けられます。

過保護・過干渉タイプの親だったり、子供を徹底的に支配下に置こうとする親の場合は男女交際をする難易度はとても高くなります。

厳しさの例としては、交際前には必ず両親の面接をクリアしなければいけなかったり、日々の行動を1時間単位で報告したり位置情報アプリで常に居場所をシェアしなければならなかったりと家庭によりそれぞれです。

またここまで行き過ぎていなくても、厳格な家庭でお嬢様として育てられたのだろうとイメージされることもあります。

 

実は恋人選びの条件が厳し過ぎるのではないか

彼氏いない歴=年齢なのは単に高望みをしているからではないか、という意見もよく見られます。

男性からしてみると女性は年齢が低いほど同年齢の男性と比較して恋人が作りやすいイメージが強く、それなのにずっと恋人が作れないのは何かしら難があると考えるためです。

主に想像されるのは性格がキツかったり、恋人に求めるスペックが非現実的だったり、女性のスペックと希望条件が釣り合っていなかったりといったものが挙げられます。

一見恋愛経験がありそうに見えて実はない場合は、外見や雰囲気などわかりやすい部分ではなく内面を疑問に思われやすくなります。

 

恋人を作るために実践したいことは?

そこでここからは、男性と出会い恋人ができるにはどうしたらよいかを見ていきましょう。

 

本気で恋人を作りたいならマッチングアプリや恋活(婚活)サイトを活用

日常生活で新しい出会いがない、身近に異性がいても関係の進展は考えられないという場合は自分から新しいリアクションを起こす必要があります。

生活の範囲内では出会いがないのであれば、最短ルートで出会いを獲得するためにはマッチングアプリや恋活(婚活)サイトの使用がオススメです。

気心が知れない人は異性と認識できない、と考える方ですと時間はかかりますがSNSやサークル活動、趣味繋がりのサロンなどから気になった方と少しずつ交友関係を深めていけばいいでしょう。

マッチングアプリや恋活(婚活)サイトは最終的に出会いたい人が利用するものなので、フィーリングが合う方を見つけられればトントン拍子で事が進むメリットがあります。

また居住地や身長など複数の条件で異性を検索することもできますので利用していきましょう。

 

自己分析で売り込みやすい自分を知る

恋人を作るために自分から出会いの場に飛び込み、人と出会う習慣を持つことは成功への第一歩です。

しかしただマッチングアプリやサイトを利用しているだけでは、なかなか思うような出会いが得られないこともあります。

というのも彼氏いない歴=年齢の方は実際の異性の目に映る自分をじっくり客観視する機会がなかったために、モテるノウハウの蓄積がないからです。

そこでまず行いたいのが、自己分析です。

自分を振り返ってみて磨けば尖った強みになりそうな部分はより高め、異性にアピールするために使います。

反対にモテない要素と思われる部分は、改善を心がけてください。

言葉遣いや所作、髪型、服装といったものは日頃から気をつけたり、身に着けるアイテムを変えるだけで劇的に印象が変わるので改善が容易な部分です。

ただし深く根付いた性格の欠点や体型などは変化に時間がかかるので、少しずつ改善していきましょう。

 

上手くいかなくても出会いを止めない

マッチングアプリやサイトは簡単に出会いを見つけられる一方で、交際に結びつかない出会いも決して少なくはありません。

特に異性と話すことに慣れていない方ですと、お互いに条件を確認する以前に立ち居振る舞いが挙動不審になったり、上手く会話できずに「お断り」されてしまうケースもあります。

しかし、だからといって諦めることはオススメしません。

失敗しても「異性と時間を共にする練習」と思い、気にする必要はありません。

不慣れでもまずは良いと感じた異性と会うようにし、実際のやり取りを通してデートをする空気感に慣れましょう。

そして最も重要なのが、誰かと出会う度によく出来た点と直すべき点を振り返ることです。

出会いの度に長所と改善点を洗い出して次の出会いに活かし、それを繰り返せば少しずつ魅力的な女性へとレベルアップしていけます。

 

まとめ

いかがでしたか?

実際は賛否両論? 彼氏いない歴=年齢の女性に対する男性の反応と恋人を作るために実践したいことは? についてご紹介しました。

彼氏いない歴=年齢の女性は職場環境や生育環境によってはそれほど珍しいものではありませんが、特別な理由がなければ警戒される恐れもあります。

待っているだけでは出会いは発生しないので、まずは友達になれそうな異性に声をかけたり、サークルや恋活サイトなど新しい出会いが獲得できそうな場に赴くことを習慣化させるといいでしょう。

 

www.hide-room.com

www.hide-room.com

www.hide-room.com