ヒデのブログ

恋愛 LGBTQ+ etc produced by Hide

近年、バイセクシャルの方が増えている?バイセクシャルと自認する方が増えた理由

近年、バイセクシャルの方が増えている?バイセクシャルと自認する方が増えた理由

性の多様性が謳われる今、LGBTQ+の話題が出ることが増えました。

SNS等で発信する方はもちろんですが、テレビでも議題の1つとして取り上げられたり、企業もどんな性自認の方でも働きやすい環境を整える動きが始まっています。

そのような中で、最近はバイセクシャルと自分のことを表現する方が増えているようです。

そこで今回は、バイセクシャルと自認する方が増えた理由について詳しく見ていきましょう。

 

バイセクシャルが増加しているという調査結果

近年、性の多様性が認められるようになり、さまざまな性自認をカミングアウトして生きる方が増えてきています。

しかし、性自認には細かく分類されており、多様なジャンルが用意されています。

そのような中、バイセクシャルの方が増加しているというのは本当なのでしょうか?

そこでまずはバイセクシャルの方が増加しているという調査結果について見ていきましょう。

 

電通:LGBT層が5.2%から8.9%に増加

ではまずは日本の調査結果について見ていきましょう。

電通ダイバーシティ・ラボでは、2012年・2015年・2018年にLGBTに関する調査を行っています。

その結果を見ると、自分がLGBTのどれかに該当すると回答した方は、2012年が5.2%、2015年が7.6%、2018年が8.9%に増大していることが分かります。

この中でも、最も数が多かったのがバイセクシャルでした。

この調査から、電通ダイバーシティ・ラボは左利きの方と同じ割合ほどLGBTの方がいると発表しています。

 

ギャラップ:3.7%から5.6%に増加

ギャラップがアメリカで行った調査によると、2014年の調査でLGBTの割合は3.7%だったものが、2017年には4.5%、2021年には5.6%と増加していることが分かっています。

特にZ世代の割合が特に高く、16%もいたようです。

また、調査を行った方の半数以上がバイセクシャルを自認しているという結果が出ました。

このことからも、バイセクシャルの方が増えていると結論づけることができるでしょう。

 

バイセクシャルの方が増えている要因

では、近年このようにバイセクシャルの方が増えているのはどのような理由なのでしょうか?

そこでここからは、考えられる要因について詳しく見ていきましょう。

 

バイセクシャルという言葉の認知度が上がった

バイセクシャルの方が増えた1番の要因として考えられるのは、「バイセクシャル」という言葉の認知度が上がったことが挙げられます。

これまではあまり性の多様性が認められておらず、「男」と「女」の2つで分類することが多くなっていました。

しかし、徐々にLGBTQ+の話題が出ることが増えて、バイセクシャルという方はどのような性自認をする方なのかという概念が広く知れ渡るようになりました。

そのことによって、自分もバイセクシャルかもしれないと気付く方が増えたと考えられます。

 

有名な方がバイセクシャルを公表している

元々、「男」と「女」以外の性自認を行っている方に対する偏見は強く、カミングアウトして活動する方はそこまで多くありませんでした。

しかし、最近は有名なアーティストやセレブ、俳優さんが、自分がバイセクシャルだと公表しているケースが多くなっています。

そのことにより、「カミングアウトして自分らしく生きよう」「私もオープンにしたい」と考えている方が増えているようです。

影響力が大きい方の行動によって、思い切って選択できた方もいます。

 

 

パンセクシャルの方もバイセクシャルと名乗っていることが多い

バイセクシャルと似た性自認の1つに、パンセクシャルがあります。

バイセクシャルとは、「男」と「女」という2つの性の方に対して恋愛感情を抱くという方のことを指し、パンセクシャルとは恋愛をするのに性別は関係ないと判断している方のことを指します。

しかし、性自認の種類は豊富にあり、そのすべてが世の中に認知されているわけではありません。

セクシャリティに寛容になってきた今でも、選択肢として与えられるのはLGBTのみとなっていることが多いです。

そのため、より伝わりやすいように自分の性自認がパンセクシャルであっても、「バイセクシャル」と伝える方も増えているようです。

 

まとめ

いかがでしたか?

セクシャリティが多様になったことによって、自分の性自認をカミングアウトする方が増えてきています。

実際にこれまでに行われた調査によると、LGBTQ+と認識している方は年々増加しており、現在は左利きの人と同程度の割合を占めています。

その中でも、バイセクシャルという方が増えてきているようです。

これだけ多くの方がバイセクシャルだとカミングアウトできているのは、自分らしく生きたいと考えて活動してきた方がいたからでしょう。

すでに多様な性はマイノリティではなくなりつつある今、自分らしく生きることが重要だと言えます。

 

www.hide-room.com

www.hide-room.com