ヒデのブログ

恋愛 LGBTQ+ etc produced by Hide

理解されづらい?バイセクシャルの人が抱えている悩みとは?

理解されづらい?バイセクシャルの人が抱えている悩みとは?

近年、LGBTQ+を公表する方が増えてきており、徐々に認知度が高まってきています。

しかし、バイセクシャルに対する認識には偏見が多くあり、バイセクシャルだからこそ抱える悩みが多くあるようです。

そこでここからは、バイセクシャルの方特有の悩みについて見ていきましょう。

 

バイセクシャルの方が抱える悩み

バイセクシャルの方は、LGBTQ+の中でも特に偏見が強いセクシュアリティだと言われています。

そのため、特有の悩みを抱えることが多いようです。

バイセクシャルの方が抱える悩みについて見ていきましょう。

 

ストレートの方と誤認されてしまう

バイセクシャルは、「男性」と「女性」の両方の性を恋愛対象とするセクシュアリティです。

そのため、男性が女性に対して、女性が男性に対して恋愛感情を抱くこともあります。

そのような状態のみを周りが見ていると、ストレートと認知されることもあります。

両方の性を好きになるバイセクシャルは、あまり理解されづらく、苦しむ方も多くいるようです。

 

誰でも好きになると言われている

バイセクシャルの方は、2つの性が恋愛対象となります。

そのため、「誰でも好きになる人」「恋愛対象が2倍になってお得」という偏見を抱かれる方も多くいます。

このような偏見に苦しむ方も多くいるようです。

実際には、バイセクシャルの方は周りの人が思うように誰でもよいというわけではありません。

他の方と同じように、好きになるタイプや条件があるので、好きな相手と出会えるかどうかは分かりません。

このことがなかなか理解してもらえないのは、つらいと思う時もあるでしょう。

 

どうせ異性と結婚すると考えられている

バイセクシャルの方は、異性の方も好きになります。

そのため、結果的には異性の人と結婚するから問題ないと考える方もいるようです。

しかし、ストレートの方でも結婚しない方もいますし、レズビアンやゲイなど他のセクシュアリティの方でもさまざまな事情によって異性と結婚する方や、結婚してから自分のセクシュアリティに気付く方もいるようです。

実際には分類は関係なく、結婚を選ぶ方がいるのにも関わらず、バイセクシャルはどうせ異性と結婚すると言われてしまうとつらいと思う方もいるでしょう。

 

LGBTQ+の中でも理解されないことがある

LGBTQ+の方の中でも、バイセクシャルは異端だと敬遠されてしまうことがあるようです。

それは、やはり先ほど紹介した「バイセクシャルは異性と結婚する」という偏見があるからだと考えられています。

そのことにより、LGBTQ+の方の中でもバイセクシャルには自分達の苦しみは理解できないと思っている方も存在します。

実際に、LGBTQ+の方の中に、「バイお断り」という文言が掲載されていることもあります。

このような環境だと、どこからも排除されているような孤立感を感じてしまう方もいるようです。

 

バイセクシャルの物語はそこまでない

最近は、レズビアンやゲイ、トランスジェンダーの方を取り上げたドラマや映画が多くなってきています。

そのため、徐々に自分の周りにいる方という認識ができてきていますし、理解しやすい環境が整っています。

しかし、バイセクシャルのことを取り上げた物語はそこまで多くありません。

その上、創作物に登場する際にも、誠実ではないというイメージを植え付けるような内容になっていることもあります。

そのため、世間からの誤認を抱かれる原因になったり、正しく認知されることが少なくなっているようです。

今後、バイセクシャルの方の体験をきちんと形にした作品が出てくれば、偏見が少なくなって認められるようになるでしょう。

 

友情が保てなくなることもある

先ほどもお伝えしたように、「バイセクシャルは誰でも好き」という誤解をしている方が多くいます。

そのため、自分がバイセクシャルをカミングアウトすることによって、「もしかしたら自分も狙われているのかもしれない」と感じて、友情関係が壊れてしまうというケースもあるようです。

実際にバイセクシャルの方の中には、これまでは同性の友達として仲良くしていたのに、カミングアウトしたことによって旅行先でのお風呂や部屋の共有がしづらくなったという意見もあります。

それを1人で払拭するのは難しく、理解されないと感じることもあるようです。

 

まとめ

いかがでしたか?

バイセクシャルの方は、LGBTQ+の方の中でもなかなか理解されづらい状態となっています。

それは、ストレートの方だけではなく、LGBTQ+の中でも強い偏見が抱かれているからだと言えます。

しかし、誰もがセクシュアリティを自由に選ぶ権利を持っています。

そのため、徐々に周りがその人自身のセクシュアリティを認知する努力をする必要がありますし、バイセクシャルの方も堂々としていいのです。

 

www.hide-room.com

www.hide-room.com