ヒデのブログ

恋愛コラムサイト produced by Hide

元彼と今彼が友達だった場合の付き合い方とは?

元彼と今彼が友達だった場合の付き合い方とは?

「好き」という気持ちはいつ芽生えるか分かりませんよね。

いつ誰を好きになるか分からないからこそ、「元彼の友達を好きになってしまう」といったことも十分にあり得ます。

また、「好きになった人が偶然元彼と友達だった」といったこともあるはずです。

この記事では、そんな「元彼と今彼が友達だった場合の付き合い方」について解説していきたいと思います。

 

元彼と今彼が友達だった場合のデメリット

お互い話し合い納得して別れであれば、基本的にその後どのような恋愛をしても問題はありませんよね。

しかし、新しく付き合った彼氏が元彼の友達だった場合は、意外とトラブルになってしまうケースも多いのです。

どのようなトラブル(デメリット)があるのかいくつか挙げていきましょう。

 

元彼と今彼の関係性にヒビが入る

元彼の立場から考えると、自分と別れた後に友達と付き合う形となるので、良い気分はしませんよね。

「もしかして俺と付き合っていた時からデキていたのでは?」と疑われてしまうこともありますし、男同士で関係性が悪化してしまうこともあるのです。

たとえ自分と元彼が友達に戻れていたとしても、今彼と元彼の関係性が悪化することで友達ではいられなくなってしまいます。

 

周囲に「尻の軽い女」と思われてしまう

意外と多いのが、周囲の友達などに「尻の軽い女」と思われてしまうことです。

交友関係が広くないのにも関わらず、そのグループの中の2人と恋愛関係になったことで、「誰でもいいんじゃない?」といった印象を与えてしまうのです。

そういった感情を抱く友達の心理としては、「嫉妬」も含まれていることが多かったりします。

 

ヨリを戻すことがほぼ不可能になる

別れた後に自分の知らない男性と付き合った場合には、その後ヨリを戻す可能性も出てきますが、新しい彼氏が自分の友達だった場合には、チャンスがあったとしてもヨリを戻す気持ちが薄れてしまうものです。

それゆえに、「元カレの友達と付き合う=元彼とヨリを戻せなくなる」と考えておかなければならないと言えるでしょう。

 

元彼と今彼が友達だった場合の付き合い方

元彼と今彼が友達だと、様々なトラブル(デメリット)があるものですが、それを理由に恋を諦めるのは良くありません。

上手に付き合うことで、そのリスクを軽減することができるはずです。

 

元彼の話を今彼の前で一切しない

男性の立場からすると「気にしないよ」と彼女に言ったとしても、元カレの話が会話に出てくると表情には出さないまでも気になるものです。

その場では気にしない素振りをしていても、その後徐々に機嫌が悪くなってしまう可能性もあります。

それゆえに、今彼の前では元彼の話を一切しないようにするべきです。

 

元彼と連絡を取らず会いもしない

別れた後に元カレと連絡を取っていると、今彼としては「いつかヨリを戻すのでは?」と不安になってしまうものです。

もしも元カレと友達として付き合いたかったとしても、今彼の感情を理解して連絡を取らないようにしましょう。

また、連絡も取らず会いもしないことをしっかりと今彼に宣言しておくことで、安心してもらうことができるはずです。

 

ある程度のトラブルを覚悟で付き合う

元彼と今彼が友達だった場合には、どうしても難しい部分が出てきてしまい、多少のトラブルに発展する可能性があります。

前述したような方法でそのリスクは軽減できたとしても、残念ながらゼロにすることはできません。

それゆえに、「ある程度のトラブルがあるかもしれない」といった覚悟を持って付き合うことも必要となることでしょう。

 

彼氏に振られた当てつけに彼氏の友達と付き合うのは絶対にやってはいけない

意外と多いのが、彼氏に振られた当てつけで彼氏の友達と付き合う行為です。

振られた後すぐに特に好きでもない彼氏の男友達に言い寄り、付き合ってしまうのです。

こういった行為をしてしまうと、しばらくの間は元彼に仕返しができたことで気分が晴れますが、トラブルに発展する可能性が極めて高いので、大抵は後悔するはめになります。

振られた時にトラブルを起こさなければ、その後もしかしたらヨリを戻せるかもしれません。

当てつけで友達と付き合うことで、そういった可能性も自ら潰すことになってしまうのです。

 

まとめ

今回は、「元彼と今彼が友達だった場合の付き合い方」について解説してきました。

  • 元彼の話を今彼の前で一切しない
  • 元彼と連絡を取らず会いもしない
  • ある程度のトラブルを覚悟で付き合う

あまり経験はしたくありませんが、実際に「元彼と今彼が友達だった」といったケースは一般的にも良くあります。

ここで挙げた方法を実践して、なるべくトラブルになるリスクを下げるようにしましょう。

 

www.hide-room.com

www.hide-room.com

www.hide-room.com