ヒデのブログ

恋愛コラムサイト produced by Hide

恋愛で沼らせる人の特徴?と沼らないためにできることとは?

恋愛で沼らせる人の特徴?と沼らないためにできることとは?

近年、「沼る」といった言葉が良く使われていますよね。

これは、「沼にハマる」の略語で、沼にハマってしまったかのように抜け出せなくなる状態のことを指します。

恋愛においても、沼らせる人がいたりしますよね。 一体どのような人が恋愛に沼りやすのでしょうか?

この記事では、そんな「恋愛で沼らせる人の特徴と沼らないためにできること」について解説していきたいと思います。

 

恋愛で沼る人の特徴

恋愛で沼る人は、「沼らせてしまう異性」に出会ってしまうことが原因であることが多いと言えます。

具体的に沼らせる人の特徴を挙げていきましょう。

 

2人きりの時にとにかく優しい

世の中には異性に対して優しい人はたくさんいますが、沼らせる人は「2人きりの時」に極端に優しくなります。

周囲に人がいる時にはいつもと同じような態度であるにも関わらず、2人きりになった時に急に優しくなるのです。

そのギャップにやられて沼ってしまう人は意外と多いものです。

 

弱い所を見せてくる

男女問わず、異性が弱っていると思わず守ってあげたくなったりしますよね。

特に、普段はとても頑張り屋さんで、弱い姿を見せない人は、応援したくなるものです。

沼らせる人は、もちろん普段は頑張っているのですが、意中の異性にだけ「弱さ」を見せるのです。

これによって、「自分にだけ弱さを見せてくれる」と思い込み、守ってあげたくなるわけです。 そうして気が付くと、沼っているのです。

 

自分の魅力を知っていて、上手に使ってくる

自己プロデュース力に長けている人がいますが、その能力を恋愛に使う人は、異性を沼らせることができます。

自分に魅力が何なのかを良く知っているので、ベストなタイミングでその魅力を発揮させます。

異性のその行動や言動にドキッとして、ついつい目で追いかけてしまう存在になり、いつしか沼ってしまうのです。

 

男性の前で泣くことができる

これは男性を沼らせる女性の特徴ですが、ケンカした時や寂しい時など、ここぞという時に泣くことのできる女性は、男性が沼りやすいと考えられます。

特に女性に振り回されるのが好きな男性は、そういった女性に沼りやすいと言えます。

 

恋愛で沼らないためにできること

恋愛に沼ってしまうと、仕事やプライベートにも影響が出てしまいます。

多少であればまだ大きな問題にはなりませんが、沼り過ぎるとネガティブな影響も大きくなってしまうので、社会人としてはあまり沼り過ぎないようにしなければなりません。

「やばい、このままだとこの人に沼ってしまうかも」と思ったならば、早めに対処法を実行すべきです。

 

相手に合わせすぎず自分をしっかりと持つ

恋愛に沼ってしまう人は、相手に合わせてしまう傾向にあります。

それゆえにハマらないためには「自分のペースをあまり崩さないこと」を心掛けましょう。

沼らせるタイプの異性は、相手の感情を揺さぶることが非常に上手です。

それゆえに、感覚で恋愛をしてしまうと、「いつの間にか沼っていた」という状態に陥ってしまいます。

自分の時間を大事にして、趣味などにもしっかりと時間を取りましょう。

また、あまり相手のペースになりすぎないように、自分の意見もしっかりと相手に伝えるようにしましょう。

 

友人や家族にアドバイスをもらう

沼ってしまう要因の1つに、沼っている(もしくは沼りそうな)自分に気が付けていないといったことがあります。

知らず知らずに相手のペースになっていき、いつの間にか沼ってしまっているのです。

これを防ぐためには、「客観的な視点」が非常に重要となります。 自分で客観視できる様になれば一番良いのですが、無理そうであれば、「友人や家族にアドバイスをもらう」といった方法が有効です。

他者から見ると、どれだけ周りが見えなくなっているかがよくわかるものです。

現在の恋愛の状況を説明して自分がすでに沼っているのかどうかや、今後どうすれば沼らずに済むのかをアドバイスしてもらいましょう。

アドバイスをもらう相手は、できれば恋愛経験が豊富な人が良いでしょう。

恋愛経験が少ない人に相談してしまうと、的確なアドバイスがもらえない可能性があるからです。

 

まとめ

今回は、「恋愛で沼らせる人の特徴と沼らないためにできること」について解説してきました。

  • 2人きりの時にとにかく優しい
  • 弱い所を見せてくる
  • 自分の魅力を知っていて、上手に使ってくる
  • 男性の前で泣くことができる

こういったタイプの異性には、沼ってしまう可能性があります。

「相手に合わせすぎず自分をしっかりと持つ」、「友人や家族にアドバイスをもらう」といったことを意識して、なるべく自分を客観的に見えるように心がけることで、沼る状態を回避することが可能となります。

「あ、このままだと恋愛に沼ってしまうかも」と感じたならば、これらの対処法を実践してみましょう。

 

www.hide-room.com

www.hide-room.com

www.hide-room.com