ヒデのブログ

恋愛コラムサイト produced by Hide

ザオラルラインを女性から送るのはアリ?送る時のポイントと注意しておきたい点とは

ザオラルラインを女性から送るのはアリ?送る時のポイントと注意しておきたい点とは

ザオラルラインとは、しばらく連絡をとっていない方とやり取りを復活させるために送るLINEのことを指します。

必ず連絡が返ってくるという保証はありませんが、少し時間がおいて連絡をすることによって、お互いの環境が変わっており、前よりも仲良くなれるケースもあるので、関係を続けたい方には送った方がいいという意見もあります。

しかし、女性側から送るのには勇気がいると感じている方も多いようです。

そこで今回は、ザオラルラインを女性側から送る時のポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

ザオラルラインを女性から送るのはアリ!

ザオラルラインを送るということは、「あなたとの関係性を切りたくない」という気持ちの表れです。

このような積極的な表現を行うのは男性の方が多いので、女性側から送るのはどうなのだろうと不安に思う方もいるようです。

しかし、現在は女性側が積極的にアプローチしたり、告白するというケースも増えてきています。

女性でも自分の気持ちに従って、積極的に行動した方がいいのです。

そのため、ザオラルラインを女性から送るのもアリと言えるでしょう。

 

ザオラルラインを女性から送る時のポイント

ザオラルラインを女性から送る場合、できるだけ成功率を高めたいと考えている方が多いでしょう。

では、どのように送れば成功させることができるのでしょうか?

そこでここからは、ザオラルラインを女性から送るポイントについて見ていきましょう。

 

返信が返ってきそうな時間帯を選ぶ

仕事中や友人と遊んでいる時間帯などは、スマホを開いてLINEを見る時間がない場合が多いです。

そのような時間帯に送ってしまうと、他のLINEに埋もれて気づかれなかったり、LINEの返信が返ってこない可能性があります。

そのため、相手のライフスタイルに合わせて、返信が返ってきそうな時間帯を選ぶようにしましょう。

 

ラフなメッセージを送る

しばらく連絡をとっていないのに、いきなり長文を送ると相手がビックリしてしまったり、返信が面倒になってしまう可能性もあります。

そのため、最初はラフなメッセージを送ることがおすすめです。

ザオラルラインの定番と言われているのは、「久しぶり!元気?」といったものです。

このようなメッセージは誰でも気軽に返信しやすいので、ここから会話ができる状態を作ることができると考えられています。

 

相手が興味のある話題を送る

久しぶりの連絡がきても、自分が興味のない話題だと話が盛り上がらないという方もいます。

そのため、相手の方の趣味や盛り上がりそうな話題を活用することが重要です。

また、質問形式にすれば話が盛り上がること間違いないでしょう。

 

SNSの投稿に対して連絡をする

SNSがつながっている場合、相手の方がアップした内容をネタとしてザオラルラインを送るといいでしょう。

そうすることによって、自然とやり取りをスタートさせることができます。

また、一度SNSで連絡をとって自然とLINEに変えるという方も多いようです。   

 

女性からザオラルラインを送る時の注意点

女性からザオラルラインを送って成功率を高めるためには、意識しておきたいポイントがあります。

そこでここからは、ザオラルラインを送る時の注意点について見ていきましょう。

 

連投しすぎない

LINEは簡単に送ることができるので、つい何度も連絡を送ってしまうという方もいます。

しかし、相手の返信がくる前に何度も連絡を送ると、怖いと感じられてしまったり、面倒だと返信をしないというケースもあるようです。

そのため、連絡は1つのメッセージのみにして、返ってくるまで待つようにしましょう。

 

長文にしない

久々の連絡が長文だと、男性側にとってはプレッシャーになることもあります。

そのため、できるだけ読みやすくて気軽に返信しやすい分量にしておく方がよいでしょう。

まずは連絡を再開することが大切なので、返信しやすいかどうかという点には重きをおくことが大切です。

 

疑問形で連絡を送る

YESかNOで返信できるような内容でなければ、男性は返信をしないという方もいます。そのため、必ず相手が返信しやすいように疑問形で送るようにしましょう。

そうすることによって、相手との会話のきっかけを作ることができ、話が盛り上がる可能性もあります。

 

まとめ

いかがでしたか?

しばらく疎遠になっていた方に送るザオラルラインは、成功すれば相手と再度関係性を構築することができます。

積極的な行動なので男性側から送るイメージを持っている方も多いですが、女性側から送るのもアリと言われています。

男性の中にも自分から送るのは勇気がいるという方もいるので、自分が気になる方がいる場合は女性側からアプローチしてみるのもいいかもしれません。

ただ、送り方によっては成功率が下がってしまうので、内容はしっかりと考えるようにしましょう。