ヒデのブログ

恋愛コラムサイト produced by Hide

シングルマザーの末路とは?貧困率が高い理由と回避する手段

シングルマザーの末路とは?貧困率が高い理由と回避する手段

single-mother

日本全国に100万人以上いるシングルマザーの多くは、「貧困」に陥っていると考えられています。

経済的に問題を抱えているシングルマザーの家庭は多く、悲惨な末路を辿るケースも少なくありません。

いったいなぜ一般的な家庭と比べて貧困化しやすいのでしょうか?

また、もしもそのような状況に陥ったとしたならば、どのように回避すべきなのでしょうか?

この記事では、そんな「シングルマザーの貧困率が高い理由と回避する手段」について解説していきたいと思います。

 

シングルマザーの貧困率が高い理由

シングルマザーは貧困化しやすいですが、具体的にその理由を挙げていきましょう。

理由が明確になれば、貧困化を回避する方法も見えてくるはずです。

single-mother

 

単純に収入が少ない

日本を子供を大人1人で育てていくのは、かなり厳しいと言えます。

両親が健在で、実家に戻ることができれば家賃などの出費を抑えることができるので可能ですが、アパートを借りて暮らしていくには経済的な負担が大きくなてしまいます。

子供が幼児~小学校低学年くらいであれば、鍵を渡して自宅で待たせるようなこともできないので、フルタイムで働くことも難しくなります。

小さな子供は頻繁に風邪を引きますし、その都度病院にも連れて行かなければなりません。

そのため、仕事は必然的に正社員ではなく、労働時間の融通が利くパートやアルバイトになるのです。

シングルマザーの就労収入の平均は、わずか年間169万円です。

児童扶養手当や児童手当などの収入がこの金額に加算されますが、それでも正社員と比べるとかなり収入は少ないと言えます。

single-mother

 

養育費をもらえないケースが多い

離婚後に父親側から「養育費」をもらえると考えるシングルマザーもいますが、実際には8割ほどのシングルマザーが養育費をもらえていないようです。

養育費をもらえている人は、平均すると1ヶ月2~4万円程度支払ってもらっているので、生活はかなり楽になるはずです。

しかし、8割のシングルマザーはこの金額をもらえていない(もらっていたとしても金額が少ない)ので、必然的に生活は厳しくなります。

子供1人でも養育費がもらえないと厳しくなりますが、子供が2人以上いる場合には出費がさらに多くなり、養育費がもらえなければ当然生活水準はどん底となります。

single-mother

 

病気や怪我で働けなくなると収入が極端に少なくなる

会社員の場合は、傷病手当金によってある程度の収入を確保できますが、自ら国民健康保険を支払っているパートタイマーの場合には、傷病手当金が支給されません。

また、もしもパート先で健康保険に加入していて、傷病手当金が貰えたとしても、およそ3分の2程度の金額しか支給されません。

元々ギリギリの生活をしている人が多いので、3分の2では生活が回らなくなります。

一般的な共働きの家庭では、収入源が2つあるわけですが、シングルマザーの家庭は収入源が1つしかありません。

収入源が1つしかないという点は、生活の安定面を考えるとかなりのデメリットであると言えるでしょう。

シングルマザーは日々ストレス過多になっていて、疲れも癒せずに暮らしています。

それゆえに、病気になる確率も高くなりますし、うつ病などの精神疾患も患いやすいのです。

 

【YouTube】食料の値上げで、フードバンクにも影響がでています。

 

 

借金を抱えて自己破産などをする末路を辿るシングルマザーも多い

シングルマザーの多くは、少ない収入ながら上手にやり繰りをして何とか子育てをしています。

しかし、病気や怪我などが原因で一定期間働けなくなり、一度ハマった負の連鎖を断ち切れずに債務整理や自己破産といった末路を辿ってしまうシングルマザーも多かったりします。

最初のうちは、「足りない生活費分を1万円だけ借りよう」といったように少額の借金で済みますが、徐々に借金額が増えていくと、利息額も大きくなり、健全な家計を維持できなくなってしまうのです。

生活が苦しくなると、自分自身がうつ病などを患う可能性が高まりますし、子供に対して強い言葉を使ってしまったり、暴力を振るってしまったりして自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。

そういった意味では、少しでも収入を増やし、支出を抑えることができるかが、とても大きなポイントであると言えるでしょう。

 

食料品が必要な方への支援 | NPO法人日本もったいない食品センター

www.mottainai-shokuhin-center.org

single-mother

 

シングルマザーが貧困を回避する手段

前述した通り、現代においてシングルマザーは貧困に陥りやすい状況にあります。

国からの手当がワンランクUPすれば、貧困から抜け出せる家庭も多くなるはずですが、残念ながら今の日本にはそういった余裕はありません。

そういった意味では、シングルマザー自身が知恵を絞り、工夫をしながら収入を上げたり支出を減らしたりしていかなければならないと言えるでしょう。

single-mother

 

節約を徹底する

収入を上げることが難しいのであれば、支出を減らすことに注力すべきです。 いきなり1ヶ月1~2万円の節約を実現するのは難しいですが、数千円から実現させていくのは意外と簡単だったりします。 なぜならば、現代には「節約グッズ」が多数販売していますし、格安スマホなど安価で高品質なサービスなどを多いからです。

 
  • 100円ショップやホームセンターで売っている節約グッズを積極的に活用する
  • シャワーヘッドを節水タイプに変える
  • 車ではなく自転車で買い物に行く
  • 携帯キャリアを格安スマホに変える

節約しすぎると、精神的に辛くなってしまうので、無理のない程度に節約をしてみましょう。

それだけでも数千円は支出を抑えられるので、若干生活が楽になるはずです。

single-mother

 

時短グッズを活用し時間を作り副業をする

節約グッズと同じように、現代では「時短グッズ」も数多く販売しています。

副業をする時間を作り出すためにもっとも効率が良いのは、「時短家電」を購入することです。

自動掃除機やドラム式洗濯乾燥機、食器洗浄機などを活用すれば、家事の労力を大幅に減らすことが可能です。

ただし、現実的には費用面で時短家電の購入が難しい家庭がほとんどでしょう。

そういった家庭は、安価で購入できる「時短グッズ」を積極的に活用すべきです。

1日に30分でも時短できれば、その分の時間を副業に回し、1ヶ月に1万円以上の副業収入を得ることも可能となるでしょう。

 

おうちで子供と在宅ワークをする

おうちで子供といっしょに在宅ワークができたらとても安心です。

働き方で悩んでいる方は、以下のオンライン無料カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか?

もちろんオンラインで習得もすることができます。

どちらも人気雑誌メディアに掲載されていて実績もあります。

サイトを見るだけでも選択肢の幅がひろがりますよ。

 

Find me!|女性専用Webデザインスクールの無料カウンセリング申込

 

未経験でも大丈夫「ママ専用動画クリエイター講座」

 

single-mother

 

母子家庭が使える補助を積極的に活用する

シングルマザーの家庭では、児童扶養手当や児童手当などの手当てが有名ですが、実はそれ以外にも様々な補助を活用できます。

 
  • 国民健康保険料の軽減や免除
  • ひとり親家庭等の医療費助成制度
  • 住宅助成制度
  • 上下水道料金の割引
  • JRなど交通機関の割引制度
  • 幼児教育や保育料の無償化
  • 高校生等奨学給付金

役所に相談してみることで、使える補助があるかもしれません。

自分から申請しないと適用されないものばかりなので、忙しくてもしっかりと申請するようにしましょう。

 

ひとり親が受けられる手当一覧|児童扶養手当以外の補助とは | パソナグループ

www.pasonagroup.co.jp

 

母子家庭が使える手当や補助ってなに?手当と申請方法を紹介 | SiN シングルマザーとしての人生を楽しむ情報マガジン

fair-life.jp

single-mother

 

 

まとめ

今回は、「シングルマザーの貧困率が高い理由と回避する手段」について解説してきました。

シングルマザーの家庭では、正社員で働けないケースもあるので、どうしても収入が少なくなりがちです。

生活が回らなくなり、借金をし始めてしまうと、返済することができず徐々に借金額が増え、債務整理や自己破産といった末路を辿る可能性もあるのです。

 
  • 節約を徹底する
  • 時短グッズを活用し時間を作り副業をする
  • 母子家庭が使える補助を積極的に活用する

これらの貧困を回避する方法を実戦して、少しでも生活を楽にするべきだと言えるでしょう。