ヒデのブログ

お得なこともツイッター連動してアップしたいですね♪ ブログには要点をコンパクトにお役に立つ情報をお伝えします!

【必見!】ブラック企業の言語化が回避行動に繋がる

【必見!】ブラック企業の言語化が回避行動に繋がる

f:id:HIDE-ROOM:20200705180211p:plain

 

ホワイト企業・ブラック企業とは!?

 

 最近では、親が自分の子に勉強させるためにこういう事を言うそうです。

「勉強しないと良い企業に入れないよ!」

「こんな点取ってたらブラック企業しか行くとこないよ!」

恐らくこれらを言う親に対して、「良い企業ってなに?」、「ブラック企業ってどんな企業?」と質問しても正確な答えは返ってこないです。

これは世間のイメージだけでホワイト企業やブラック企業について語っています。それでは、ホワイト企業やブラック企業は一体どういうものなのでしょうか?

 

 実はウィキペディアにはこう示されています。ホワイト企業とは、「就職活動を行うに際して、入社後に福利厚生が整っていたり離職率が低い、各種法令や社内規則を遵守しているなどから入社することが好ましいとされている企業。」つまり簡単にまとめると、福利厚生が整っていて、社内の雰囲気が良く働きやすい離職率の低い会社ということです。

反対にブラック企業とは、「従業員への待遇が酷い企業。」と言われています。ホワイト企業に関しては具体的で分かりやすいのですが、ブラック企業は少し抽象的です。

ブラック企業も具体的に「こういうものがブラック企業だ!」と説明されないと、理解できないですし、転職をする場合、これを回避するのが難しくなります。

 

この記事では、ブラック企業の特徴を説明していきます。この記事を読むと、ブラック企業の特徴について理解でき、転職での回避方法を学ぶことができます。

 

ブラック企業の特徴

『残業時間が多く、さらに残業代が一切でない』

 まず一般的に多く知られているブラック企業の特徴として、『残業時間が多く、さらに残業代が一切でない』というものです。

ブラック企業は、労働者に対して長時間労働や大量のノルマを課します。

達成できそうなノルマが設定されている場合は良いのですが、達成不可能なノルマを提示する会社もあるのです。従業員はノルマを達成しようとがむしゃらになって働き、人によっては会社に泊まり込んでしまうケースもあります。

ノルマを達成するまで自分の体に負荷をかけ続けると、過労死を招いてしまう可能性すらあるのです。残業平均時間を超えない量の仕事が適切となります。

しかし、ブラック企業では一般的な残業平均時間を平気で超えていることが珍しくないのです。それでは、残業の平均時間は月にどれくらいなのでしょうか。

一般的に言われているのが、約20から40時間だと言われています。しかしブラック企業の場合は、月に100時間以上も珍しくないです。中には、個人の仕事が遅いからという理由でサービス残業を強いる企業もあります。

 

これの背景は人員不足が挙げられるので、洗脳されてはいけないです。

 

労働者が少なければ、それだけ1人に対する仕事量が増えるので必然的な結果だと言えます。そして、どんなに仕事を早く終わらせようとしても定時までには終わらず残業となってしまうのです。

 

これがサービス残業の真実になります。

 

長時間労働が当たりまえになっている会社も多く、タイムカードを付けない事で残業時間をあやふやにしているケースもあるのです。

また、雇用契約上で、基本給に残業代が含まれているといった契約を結んでいる場合もあります。その際に時給を計算することで、最低賃金をはるかに下回っていることが発覚する場合があるのです。

ありとあらゆる方法で、ブラック企業はあなたを騙している可能性があります。

 

これらを回避する方法としては、就業規則や雇用形態をしっかりと確認する必要があるのです。

 

みなし残業の場合は、「固定残業代制度」と表記されています。また、「裁量労働制」という制度を導入している会社があるのです。これは、労働者の裁量によって仕事の進み方や勤務時間などを一任するといったものになります。1日に8時間を超える労働をした場合でも残業代が支払われることはないので注意が必要です。

 

『休みが極端に少ない』

 これもブラック企業の特徴としては有名ですが、『休みが極端に少ない』というものです。基本的な年間の平均休日数は約120日になります。

100日以下で少ないと言われる傾向にあり、年間80日以下であればブラック企業のレッテルを貼られることがあるのです。

しかし、年間80日程度だと月に6日ほどの休みが取得できているため、労働基準法はクリアしていることになります。

労働基準法第35条では、雇用主は労働者に対して週1回(または4週間で4回)は休ませなければいけないとの定めがあるのです。けれど、年間の休日数に対する法律の縛りはありません。

かなり難しい判断ですが、80日程度までは、職種によっては心身の疲れの度合いが異なるため、一概に80日を下回っているからと言ってブラック企業判定するのはできないと言えます。このため、年間の休日情報だけではブラック企業を回避することは難しいです。

 

『スキル構築の支援がなく、給料が低すぎる』

 次に『スキル構築の支援がなく、給料が低すぎる』といった問題があります。

最近では、多くの企業が資格取得支援制度や自己啓発セミナーなどの制度を取り入れているのです。こうした制度があることによって、社員は自主的にスキルアップができたり、モチベーションを向上させたりできます。

しかし、ブラック企業と言われる企業には、こうしたスキル支援制度がない傾向にあるのです。

また、昇給や昇格があると求人にありながら、実際には運用されないというケースもあります。加えて、働きに対する給与が低いと感じている場合には要注意となります。

雇用契約上で、残業代も基本給に含まれると提示されている場合には、いくら残業をしても超過分の給与が入ることがないことがあります。

スキルの構築を支援する制度が整っておらず極端に給与が低い企業は、ブラック企業である可能性が高いと言えます。

このため、企業のホームページや求人サイト、口コミからスキル構築支援の情報を収集することでブラック企業を回避できる可能性があるのです。

 

『パワハラやモラハラが多く離職率が高い』

 よくニュースにもなっている問題ですが、『パワハラやモラハラが多く離職率が高い』というのもブラック企業の大きな特徴です。

近年、ニュースによってパワハラやモラハラなどのハラスメントが社会的に注目されるようになりました。しかし、いまだにハラスメントが横行しているような企業は多く存在しており、

 

これは確実にブラック企業と言えるのです。

 

パワハラやモラハラの特徴として、時間の制約が大きく精神的に追い詰められてしまうことが挙げられます。

パワハラやモラハラがあると、身体的にも精神的にも大きな疲労による負のスパイラルからなかなか抜け出せず、1人で思い悩んでしまう傾向にあるのです。

辞める人が後を絶たない会社は、あまり良い労働環境であるとは言えません。

また、常に求人募集を行っている会社も同様に、人手が足りないことを物語っているため、ブラック企業である可能性が高いと言えます。

このため、ブラック企業を回避するポイントとしては、新入・中途社員の離職率に注目することが必要です。

入社後早めに退職した人の数が多い会社は、何かしらの問題を抱えている可能性が考えられます。転職エージェントから前もって企業情報を入手することで、ブラック企業を回避することができるのです。

 

まとめ

 これらの事から、ブラック企業の特徴を具体的に挙げると、

 

残業時間が多くて残業代も発生しない。

休日は極端に少なく、

労働に対して給与が低すぎる。

さらに、スキル構築の支援もなく、

ハラスメントによって離職率が高いといった内容になります。

 

これらを言語化できることで、企業の情報収集や転職サイトの活用時に役立てることができるのです。

ブラック企業を知る事が一番の回避する方法になります。

ブラック企業を知り、周りの人に言語化して周知することで、あなたもその身の回りの人もブラック企業を回避した行動をとることができるかもしれません。

 

www.hide-room.comwww.hide-room.com

www.hide-room.com