ヒデのブログ

お得なこともツイッター連動してアップしたいですね♪ ブログには要点をコンパクトにお役に立つ情報をお伝えします!

在宅ワークの人気職業『Webデザイナー』について

在宅ワークの人気職業『Webデザイナー』について

f:id:HIDE-ROOM:20200725120939p:plain

 

いま「自分には能力がない」、「これから何かスキルを身に付けたい」と考えている人はいませんか?

たくさんの職業が溢れ、インターネットも普及してきた時代なので、いま何が求められていて、どんな能力が必要なのか悩んでいる人は多いです。

どうせなら将来性のある自分にしかできないことをやりたいと思いませんか?

これだけ色んなものでありふれた時代でも、そういう職業は存在します。

 

転職するならWebデザイナーがおすすめ!

 スマホの普及に伴いネットでの買い物やサービスの利用が増えています。

昔はネットショップ一つとっても、セキュリティの問題から買い物をするのが怖かったのですが、今ネットショップで買い物することに抵抗のある人は少ないです。

それほど当たり前にネットショップや様々なサービスがネットを介して行われています。

また、2020年新型コロナウイルスの影響から在宅ワークが普及し始めているのです。

外に働きに出れない多くの人々が、在宅での仕事を余儀なくされています。

これによりさらにネットの利用が増え、多くの人が色んなサイトを閲覧しているのです。

 

そこで注目されている在宅ワークが『Webデザイナー』という職業になります。

 

「絵を描いたりするの苦手だから自分には無理か」と考えている人も大丈夫です。

Webデザイナーは絵を描いたりする訳ではなく、特別な資格なども必要のない職業になります。

具体的なWebデザイナーの仕事は、企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当することです。

あなたが普段よく見ているネットショップやサービス、ブログなどのサイトデザインを作っています。

ネットショップで買い物をする人であれば分かるかと思いますが、ゲームのサイトなのに何だが雰囲気が暗かったり、食用品のサイトなのに色合いが汚すぎたりすると、購買意欲が減ってしまうのです。

そのサイトのデザイン1つで購買意欲に繋がり、逆に怪しいと感じてしまい購入しない可能性もあります。

消費者の行動を左右するほどに、Webデザインというのは重要で今の時代に求められている職業なのです。

それでは、Webデザイナーになるにはどうすれば良いのでしょうか?この記事ではWebデザイナーの必要性について説明します。

 

Webデザインを制する者は転職を制する

 Webデザイナーは特別な資格などを必要としないため、誰でも“ある知識”を身に付けることで転職できるのです。

そのある知識とは一体どんなものなのでしょうか。

Webデザイナーを志す場合は、HTMLとCSSに関する基礎的な知識が最低限必要になります。

HTMLとCSSは、Webサイトの構築やデザインをする際に用いられる言語です。

ブログなどで記事を書いたことがある人は分かるかもしれません。

文字を大きくしたり、色を変えたりするのもこのHTMLとCSSが関わってきます。

比較的簡単な言語であるため、基礎的な書き方は独学でも簡単に身につけることができるのです。

最近ではネット上でのオンラインスクールなども普及しているため、独学で学びやすい環境が整っています。

また、未経験歓迎のデザイン系の仕事に転職することで、一からWebデザインのことを学ぶことができるのです。

ネットを使った手に職を身に付けることで、これから様々な仕事から需要が求められ、自分一人でフリーランスになって働くという選択肢も増えます。

手に職を身に付けることは、人生の選択肢が一つ増えるということです。

それだけでもWebデザインについて学ぶことに価値があるのではないでしょうか?

 

在宅ワークの今と将来性

 とは言っても、新型コロナウイルスの影響で「今だけ在宅ワークが流行っているだけではないのか?」と思っている人もいるかもしれません。

 しかし、在宅ワークの普及は今後止まることはないと言えます。

その理由は、今回の新型コロナウイルスで数多くの企業がテレワークを導入して成り立っているからです。

今まで当たり前のように会社に出勤したり、営業周りのために走ったりと外出を余儀なくされていました。

テレワークによって、時間や場所に縛られずに自由に仕事をすることができるようになっています。

テレワークのように在宅で仕事をすることがこれからの生き残る道なのです。

極端な例で言えば、お笑い芸人は新型コロナウイルスの影響で舞台に出ることができず、収入が0になった人が多く存在しています。

そんな中でもYouTubeで動画配信を始めていたお笑い芸人さんは、逆に収入が何倍にもなっているのです。

このように在宅での仕事はこれからの時代に合っていて、将来的に見ても落ち込む可能性は少ないと言えます。

 まだまだWebデザイナーの仕事は普及していきますが、これからもっと増えることを考えると、普通の事をしていてはいけません。

将来的に見ても同じようなスキルをもった人が多く存在する可能性があるからです。

一つの工夫として、HTMLやCSSだけでなく「Illustrator」や「Photoshop」の使い方を学ぶなど、自分の価値を少しでも上げようとする行動が大切になります。

この向上心があれば、多くの人から求められるWebデザイナーになることができるのです。

いきなり転職まではという方には、副収入からはじめてみるものありです。

ココナラというサイトに登録し、実際に案件を受注してみましょう!

なんでも行動しないことには始まりませんので。

 

 

まとめ

 これらの事から、スマホの普及や新型コロナウイルスの影響によって在宅ワークが特に注目されています。

その中でもWebデザイナーという職業が人気なのです。

多くの人がネットを利用するため、将来性を考えてもより需要のある職業になると言えます。

しかし、誰でも簡単に独学で学んでWebデザイナーになることができるため、増えすぎてしまう事も考えられるのです。

それでも向上心をもつことで、普通のWebデザイナーに必要な知識に加え、自分の価値を少しでも高めるようなものを学んでいく事で求められる人材になります。

あなたも自分を磨き価値あるWebデザイナーになってみませんか?

 

www.hide-room.com 

www.hide-room.com 

www.hide-room.com