ヒデのブログ

役立つお得情報を、ジャンル問わず幅広くご紹介します!世代を超えるブログへ

転職で『失敗』しないための思考法

転職で『失敗』しないための思考法

f:id:HIDE-ROOM:20200803203719p:plain

 

大学生の時のアルバイトは「お金」を重視してしまいがちで、時給が高いところを選択しそうになります。

それは学費の問題だったり自分のお小遣いのためだったりするのです。

自分も完全に時給でバイト先を選んでしまい、激務すぎて後悔した記憶があります。

しかしその後、違うバイト先に転職したものの時給は下がり労働も同じレベルでハードだったのです。

これだと「前の職場で良かった」と再び後悔したことを覚えています。

このようにアルバイトでも職を変えることで後悔することがあるのです。

「バイトだから」という軽い気持ちで転職を繰り返すとそれが癖になってしまい、同じところで働き続けることが難しくなります。

そうならないためにも、転職で失敗しないことは重要なのです。

 

転職における『失敗』とは!?

 転職したのは良いものの、「失敗した!」と後悔することがあります。

 

その主な理由は3つです。

「職場の雰囲気が自分に合っていない」

「待遇が最初の説明と違う」

「思っていたよりも活躍できない」

 

1つずつ説明します。

「職場の雰囲気が自分に合っていない」ですが、仕事内容や給与面の条件には満足しながらも、社風や職場の雰囲気に馴染めないという状況です。

仕事において人間関係は1番大切と言っても過言ではありません。

雰囲気というのは入社前の段階ではなかなか判断できない要素のため、入社後しばらくしてから気付くケースがほとんどになります。

 

 「待遇が最初の説明と違う」について、いざ入社してみたら、勤務時間や残業時間、給与、休暇などが求人ページや面接の際の説明とは異なる待遇だった、というケースがあるのです。

詐欺のような話ですが、よく聞く転職あるあるの1つと言っても過言ではありません。

 

 「思っていたよりも活躍できない」は、転職前に抱いていた理想と、転職後の現実とのギャップが原因で後悔します。

自分の能力を過信していた訳ではないですが、実際にこのように感じるケースがあるのです。

 

 それでは、これら転職の失敗をしないためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

失敗しないためにはどうすれば良い?

 転職で失敗しないために必要なことは1つだけです。

それは『情報取集』になります。

「失敗した!」と後悔する理由の3つとも、情報収集がしっかりと出来ていればある程度は防ぐことができた内容です。

入社前に実際に働く人に話を聞くなど、現場の生の声をきくことは重要です。

これは転職サイトの人に伝えることで、セッティングしてくれるところがあります。

実際に話を聞ける場合には、自分と会社の理解にズレがないか確認しましょう。

また確認には、内定から入社するまでの期間にもらえる「労働条件通知書」を使うことも大切です。

「労働条件通知書」は労働者に対して、伝えなければならない事項を正確に記載した文書になります。

求人と照らし合わせ、引き続き会社を入念にチェックする、という方法です。

また、会社の情報収集によって事前にその仕事がどれほどの難易度か、自分のスキルとマッチしているか、を把握することができます。

会社に関する情報収集はもちろん、自己分析も徹底して行い、入社後の自分の働きぶりやポジションをある程度イメージしておくと良いです。

自己分析も「自分の適性を知る」というある種の情報収集だと言えます。

 

失敗は繰り返す?

 そもそも情報収集が大切と分かっているのに、なぜ失敗してしまうのでしょうか?

その理由は、「とりあえず転職すること」が目的になってしまうからです。

色んな理由で会社を辞めて転職しようと思い立ちますが、辞めた後「自分は逃げてしまった」とネガティブな感情から転職活動を始める人がいます。

負の感情だけで安易に転職活動をしてしまうことが失敗に繋がってしまうのです。

これにより、最も大切である転職先の情報収集を怠ってしまい、「どこでもいいから早く転職を決めたい」という焦りも生まれてしまいます。

この結果、給与面や残業の有無などを重要視しすぎて判断要素が偏ってしまい失敗するのです。

転職とは本来、自分が理想の働き方を実現するための「手段」になります。

けれど、「とりあえず転職しなければ」という思いが先行してしまうことで、いつの間にか転職することが「目的」になってしまい、失敗する職場を選び、何度も転職をする結果となるのです。

 

それでは、失敗を繰り返さないためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

 それは、『自己分析と企業分析を怠らない事』です。

転職活動の出発地点として、自己分析はとても重要になります。

関心のある業界・企業を研究する前に、「自分がなぜその業界・企業を目指すのか」、「理想とする仕事に自分はマッチするか」、「自分の強みがそこでどのように生きるか」、しっかりと分析することが大切です。

また、履歴書上や面接で魅力的に自己PRをするためにも、自分の得意なこと、経験したこと、働く上で重視すること等を整理しておきましょう。

自己分析を重ねると、新たな自分の側面を知り、関心のある業界や職種の幅が広がる可能性もあります。

これらによって、自分のことか分かったら働いてみたいジャンルの職業を分析するのです。転職サイトを使った情報収集以外にも、実際のその企業のサービスを利用してみたり、店舗に行ってみたりと、自分で体験することも重要となります。

興味の持てる企業であれば、情報収集が楽しくなるのでワクワクした気持ちを大切にポジティブな感情で転職活動しましょう。

失敗することを恐れないことが大切です。

 

まとめ

 これらの事から、転職は「自分が失敗した!」と後悔することが失敗そのものの正体となります。

失敗しないためには、情報収集が重要です。

この情報収集を怠ることで、何度も職場を転々としてしまう可能性があります。

一度の失敗は自分をネガティブな感情にしてしまい、転職活動が「手段」ではなく「目的」に変わってしまうのです。

これがさらなる失敗に繋がってしまいます。

これを防ぐために自己分析と企業分析という情報取集を怠らず、ワクワクしたポジティブな気持ちをもって転職活動することがおすすめです。

これからの自分の未来は、今の自分の行動で決まります。

 

www.hide-room.comwww.hide-room.com

www.hide-room.com