ヒデのブログ

役立つお得情報を、ジャンル問わず幅広くご紹介します!世代を超えるブログへ

投資での副業 種類とリスクについて

投資での副業 種類とリスクについて

f:id:HIDE-ROOM:20200704183408p:plain


投資とは、お金に働いてもらい利益や配当、家賃収入などを得るスタイルのことをいいます。

元手となるお金をうまく運用できれば富豪になることもできるかもしれません。

雇用が不安定な世の中になり、将来の貯えが必要となる今、“投資での副業”に大きな期待がかかります。

しかし投資での副業には様々なリスクがともなうことが気にかかるものです。

そこでこの記事では、投資に興味のあるサラリーマンの方向けに投資の種類とリスクについて分かりやすくご紹介します。

 

投資の種類

ネットが普及する以前から投資系は1つのメジャーな副業でした。

投資系の副業として代表的なのが「株式投資」や「不動産投資」です。最近では「FX」や「仮想通貨」もよく聞かれるようになりました。

そのほかにも今から始められる投資の種類について1つずつ説明します。

 

1.株式投資

気になる企業の株式を購入して、その会社の価値(株価)が上がったタイミングで売却を行うと利益を得られます。

市場動向の把握や銘柄選びが重要になってきます。株価は会社の業績がそのまま反映されるのではなく、みんなが欲しいと思った株(=今後株価が上がると予想されるもの)が上がるという仕組みになっています。

 

2.不動産投資

不動産価値のあるアパートやマンションを購入し、家賃収入を得たり、将来土地が値上がりして価値が上がったときに売って利益を得ます。

居住者の契約期間中は安定した家賃収入を得ることができます。購入後に建物の維持費がかかるので注意が必要です。

 

3.投資信託

最も挑戦しやすいと思われる投資の方法です。

自分でお金を運用するのではなく、資産運用の専門家が投資家から集めた資金を一つの大きな資金として、まとめて運用してもらう方法です。

 

4.FX投資

FXとは「Foreign Exchange」外国為替証拠金取引のことで、為替の上下を利用して世界各国の通貨の売り買いをすることで利益を得ます。

短期間の価格変動に敏感で、常に世界の通貨価値を把握できる人に向いています。割と低い金額から挑戦できるのが魅力的です。

 

5.仮想通貨

仮想通貨とは、紙幣などの実物はなく電子データのみでやりとりされる通貨のことです。主にインターネット上での取引などに用いられ、仮想通貨での決済ができる店舗もあります。

仮想通貨を作っているのは国ではなく、マイニングという作業をする人々です。マイニングとは、取引をした際に取引データを追記する作業をすることで、非常に膨大な計算が必要となります。その作業を成功した時に報酬として仮想通貨が支払われる(新規発行)という仕組みです。

仮想通貨の種類には有名なビットコインのほか、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ラインコイン、NEM、イーサルアムクラシック、LISKなどがあります。仮想通貨の価値は変動するため、将来有望と思われる仮想通貨を買い、価値が上がった時に売ることで利益を得ます。

仮想通貨の特徴として、相場変動が非常に大きいことが挙げられます。

 

6.金(ゴールド)

金(ゴールド)はそれ自体に価値があり、価格変動はありますが例えインフレ(貨幣価値が下がり物価が上がる)が起こっても一定の価値が保たれます。

金の投資は利子や配当などといった収益は得られません。しかし、いざという時に売る資産として持っておくと安心できます。

 

7.個人向け国債

個人向け国債とは、個人投資家向けに販売される国債のことをいいます。

発行元が国なので元本割れの心配が少なく、0.05%(年率)の最低金利保証があります。年に2回利子を受け取ることができ、銀行に預けるよりも高い利回りを得ることができます。

1万円から購入できて、変動金利型(10年満期)と固定金利型(5年または3年満期)が選べます。

 

8.個人向け社債

個人向け社債とは、個人投資家向けに販売される一般企業が発行する社債のことです。保有期間は1年から20年のものまであり、満期になると金利が付いて戻ってくることで利益を得ます。

また、途中で売却することでも利益が発生します。最低購入単位は100万円程度となっています。

 

9.iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(イデコ)は様々な金融機関で取り扱っている私的年金の制度です。

自分で毎月掛け金を拠出し、自分で運用方法を選択できます。

60歳になるまで掛け金を拠出し、60歳以降に給付金を受け取ることができます。

原則60歳になるまでは資産を引き出せません。受取額は掛け金の合計額や運用成績によって一人一人異なります。

iDeCoを利用することで様々な税制優遇制度(所得税や住民税の軽減など)を受けることができるというメリットもあります。

 

10.商品先物取引

商品先物取引は、大豆やガソリン、とうもろこし、金などの商品に投資するものです。商品の代金を前もって決めてしまい、売り買いする取引です。

実際に商品を手にすることはなく、その商品価値の上下によって売り買いすることで利益が発生します。

 

投資にまつわるリスクとは

投資にはリスクがともないます。他の副業と比べると様々な可能性を念頭に持っておく必要があります。投資にまつわるリスクを6つにまとめました。

 

①価値変動のリスク:金融商品の価値が変動します。

②金利変動のリスク:金利が上昇または下落することがあります。

③為替変動のリスク:為替レートが変動します。

④信用のリスク  :債券を発行する国や法人が支払不能になることがあります。

⑤流動性のリスク :金融商品をすぐに現金化できない、希望の値段で売れないことがあります。

⑥インフレーションのリスク:物価が上昇すると金銭価値が下がることがあります。

 

基本的に投資はリスクが高いものほどリターンが大きくなるものです。

リスクが大きいが大きなリターンを得たい場合、「商品先物取引」「FX投資」「外国株式投資」「外国投資信託」などになります。

リターンが少なくてもリスクを減らしたいのなら、「国内株式の安定銘柄」や「国内投資信託」を選ぶことになります。

「個人向け国債」や「iDeCo」はリスクが最も少ない投資方法です。

「FX投資」や「仮想通貨」は、まだ投機的(危険が大きいが利益が大きい)な要素が強いですが、しっかりとノウハウを勉強すれば株式や不動産投資と同じような安定的な収入を得ることも可能です。

 

リスクを軽減するには

投資のリスクをゼロにすることはできませんが、減らす方法はあります。

 

◆分散投資

その1つが「分散投資」です。投資先を1つに絞らず、いくつかの投資先に分散させるというもので、リスク軽減に欠かせない考え方です。

株式投資の中でも、複数の銘柄を保有することでリスクを軽減できます。そのほか、株式だけでなく投資信託、金など複数の投資を組み合わせることでどれかが上手くいかなくても、他で補うことができます。

 

◆長期的に運用する

短期的ではなく、中長期的に見ることも大切です。一時的に価値が下落したとしても、長期的に保有しておくと価値が上がることも多いものです。

 

◆日々情報収集し、情報強者になる

投資で成功するには、市場動向や金利、為替レートの変動を日頃からチェックし、情報収集を熱心に行うことがカギとなります。

情報に強くなると、見込みのないものをやめて利益が出る投資の仕方を判断できるようになります。投資を始めることで経済に興味を持つきっかけにもなるので、少しずつ始めて勉強していくのがおすすめです。

 

投資は副業ではない?

投資も副業の1つではありますが、実際には副業の範疇には入らず「資産運用」にあたるものです。副業は禁止されていても資産運用はOKという規則の会社もあります。

ただし、投資を就業時間中に行ったり、会社で得た機密情報を投資に利用する、夜中にFX投資をしていて勤務に差しさわりがあるといった場合は勤務態度や服務規程違反を問われることがあります。そのようなことがないように注意しましょう。

 

まとめ

投資の種類とリスクについてご紹介してきました。

投資には株式投資、不動産投資といったよく知られているものや、投資信託で専門家に運用してもらうもの、FX投資や仮想通貨といった投機的な要素が強いもの、資産にもなる金(ゴールド)、個人向け国債や個人向け社債、私的年金のiDeCo、商品先物取引などがあります。

投資は元手となるお金が確実に保証されるものではありませんし、利益が出ることも出ないこともあります。

しかし、銀行に預けたからといって確実に安全ではありません。そうであればなるべくリスクを避けて投資することも1つの選択肢です。

まずは余裕資金がないと始まりませんので、ある程度お金に余裕ができたら自分の興味のある投資について勉強してみましょう。決してギャンブルにならないように、しっかり情報収集していくことが大切です。

 

www.hide-room.comwww.hide-room.com

www.hide-room.com