ヒデのブログ

役立つお得情報を、ジャンル問わず幅広くご紹介します!世代を超えるブログへ

転売(電脳せどり)で稼ぐ方法~基本知識や仕入れの方法~

転売(電脳せどり)で稼ぐ方法~基本知識や仕入れの方法~

f:id:HIDE-ROOM:20200810143258j:plain

副業で始めても、上手くいけば本業以上に稼げるようになる可能性があるものとして、電脳せどりがあります。

安く買って高く売る転売ビジネスの中で、仕入も販売もどちらもネット上で行う転売を「電脳せどり」と言います。「ネットせどり」と呼ばれることもあります。

電脳せどりを成功させるには常に情報収集をして、高く売れる商品を仕入れることが大切です。

おおまかにどのような流れでせどりを行っていくかをご紹介したいと思います。

 

 

電脳せどりで知っておくべき基本知識

 

電脳せどりを始める時に準備するもの

必ず必要になるのは、パソコン、クレジットカード、銀行口座、仕入や販売のアカウント、仕入資金です。

ネットでせどり用のリサーチサイトを駆使して仕入を行うので、見やすい大きめのパソコンがあると良いでしょう。

もともと「趣味の商品を常にネットで探している」とか「ネットサーフィンが好き」という人にうってつけの副業です。

クレジットカードは、せどり用で1つ作っておくと良いでしょう。

ポイント還元を受けられるとメリットが大きいので、楽天市場での仕入でポイントが貯まる「楽天カード」か、Yahoo!ショッピングの仕入れでTポイントが貯まる「ヤフーカード」がおすすめです。

 

Amazonで購入した商品をAmazonで売ることはできない

Amazonで購入した商品をAmazonで売ることは規約上で禁止されています。

もし違反が見つかれば、出品アカウントが停止となり、今後一切出品者になることができない可能性があります。

Amazonで販売する商品は「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「メルカリ」「ヤフオク!」などから仕入れることになります。

 

 

電脳せどりはライバルが多い?

せどりには、実店舗で仕入れをする「店舗せどり」と「電脳せどり」の大きく分けて2種類が存在します。

「店舗せどり」は店舗独自のセールがあっても、その店舗へ行ける人は限られています。

しかし「電脳せどり」はネット上で仕入れをするため、誰もがお得な商品を手に入れられる状況にあり、その商品を一斉に仕入れて販売し出すと、なかなか売れないということになってしまいます。

ネットで家にいながらできる分、ライバルは多いと思っておきましょう。

 

せどりで稼ぐにはコンサルティングが必要?

せどりのノウハウというのは、人に教えてもらうことで短期間で確実に身に付けることができます。

もちろん自分でやり方を取捨選択していき、自分の方法で稼ぐことができれば良いのですが、せどりのコンサルタントが存在する=コンサルタントの需要や必要性があるということでしょう。

実際に指導を受けて稼げるようになった人もいるようなので、検討してみてくださいね。

コンサルタントをしている方の中には、一部を無料で提供している方もいます。

まずはその情報を参考にしてみましょう。

 

~電脳せどりの基本的な流れ~

初心者におすすめのAmazonで販売する商品の仕入れ方法をご紹介します。

 

Amazonの在庫切れ商品を探す

Amazonで販売することを前提に、Amazonが在庫を持っていない在庫切れ商品を探します。

なぜAmazonの在庫切れを狙うかというと、Amazonが在庫を持っている商品では、Amazonには勝てないからです。

ジャンルはお好きなジャンルで探しましょう。

商品の出品者にAmazonがいないことを確認します。とても勝てませんので・・・

 

商品のランキングを確認する

次に商品のランキングを確認します。

「登録情報」の下の方にそのジャンルでのランキングが書かれています。

このランキングが10万位とかあまりに低いランキングだと売れる可能性がなくなってしまうのでやめておきます。

ランキングが良ければ商品名をコピーします。

 

「Ritlwebオークション検索」で商品名をリサーチ

商品名を「Ritlweb」というサイトの「オークション検索」画面に貼り付けると、どのサイトで販売されているか知ることができます。

商品名は少し違うと検索されないこともあるので、必要な部分だけに直して検索します。

例えば楽天市場で販売されていることが分かれば、楽天市場の中で「取り寄せ」ではない「在庫あり」の商品を探します。

その際、価格が安いかどうかと、JANコードがAmazonのものと同じか(同一商品かの確認)を必ず確認しておきましょう。

 

Keepaで売れることを確認

Amazonで確実に売れるかどうかは「Keepa」というサイトで確認します。

Keepaでは、Amazonでいくらで売れているかを確認することができます。ここで仕入れすべき商品かどうかが決まります。

 

FBA料金シュミレーターで利益を確認

次に利益を計算するには「FBA料金シュミレーター」というサイトを使います。

Amazonで販売すると手数料が発生するので、それらを含めた利益を知っておく必要があります。

仕入れ値と販売する予定の価格を入力して、利益を確認しましょう。

 

Googleショッピングで価格を比較する

楽天市場で購入を決める前に、どこでいくらで売られているかを確認できる「Googleショッピング」で各サイトの金額を確認しておきます。

在庫のないもの(取り寄せのもの)はキャンセルの可能性があるのでやめておきます。

もう一つ「Yahoo!ショッピング」でも確認してみます。この作業で楽天市場の価格が一番安いことが分かればOKです。

 

 

~その他の活用できるサイト~

 

◆ヤフオク!

Amazonのように、商品を検索したり販売することができます。

 

◆オークファン

ヤフオク!で過去に落札された商品を探すことができます。

人気のある商品を調べたり、仕入と売りの価格差のある商品を調べることができます。

 

◆価格.com

商品を検索すると、色々なネットショップの情報を見ることができます。「Googleショッピング」のようなサイトです。

 

その他、信頼できる仕入先サイトを探すことが成功の秘訣です。

よいネットショップが見つかれば、あとは地道に売れる商品を見つけることで大きな利益に繋がります。

自分の得意分野があれば検索のコツを掴むのも早いでしょう。

 

まとめ

電脳せどりは在宅でできるため、意外に人気のある副業です。

Amazonで売る際には商品の管理から注文処理・出荷・配送・返品に関するカスターサービスを代行してくれる「FBA」という便利なシステムがあります。

代行料金はかかりますが、必要に応じて利用していきましょう。

電脳せどりが気になる方はしっかりとリサーチをして、売れる商品をゲットしてくださいね!

 

www.hide-room.com 

www.hide-room.com

www.hide-room.com