ヒデのブログ

恋愛 LGBTQ+ etc produced by Hide

自分がバイセクシャルか分かる診断方法は?より簡単な手法をご紹介します!

自分がバイセクシャルか分かる診断方法は?より簡単な手法をご紹介します!

近年、性別は「男」と「女」の2択ではなく、さまざまなセクシュアリティがあると言われています。

その中の1つが、バイセクシャルです。

バイセクシャルとは、「男」と「女」という2つの性に対して、恋愛感情を抱く人のことを指すというセクシュアリティのことです。

たくさんの性が認知されるようになった今、「私もバイセクシャルかも知れない」と思う方が増えてきているようです。

そこで今回は、自分がバイセクシャルかどうか分かる診断方法について見ていきましょう。

 

バイセクシャルの診断方法

さまざまなセクシュアリティが認められるようになったのは最近のことなので、どのように自分がバイセクシャルと判断すればいいのか分からないという方もいるようです。

そこでここからは、バイセクシャルの診断方法について見ていきましょう。

 

男性と女性の両方に恋愛感情を持ったことがある

バイセクシャルとは、男性と女性の両方の性が恋愛対象となる人のことを指します。

これまでに両方の性の方に恋愛感情を持ったことがある、もしくは付き合ったことがあるという方の場合、バイセクシャルである可能性が高いでしょう。

中には、元々は異性のことを好きになっていたのに、同性のことを好きになるというケースもあるようです。

その場合、その状態が続いているのであれば、バイセクシャルになったという可能性も十分にあります。

 

男性的な魅力にも女性的な魅力にも惹かれる

男性には男性の魅力、女性には女性の魅力があります。

この両方が魅力的に感じるという場合も、バイセクシャルである可能性が高いでしょう。

性別に関係なくその人だから好きになるという方のことは、パンセクシャルと呼び、バイセクシャルとは異なります。

それに対して、バイセクシャルは2つの性別の方が恋愛対象になることを指しています。

この違いを理解して、自分のセクシュアリティを把握するといいでしょう。

 

それぞれの性別で好きな人がいる

これまでに恋人となったことがなくても、男性・女性それぞれの性別で好きな人がいるという人も、バイセクシャルと言えるでしょう。

バイセクシャルの方の中にも、実際に両方の性とお付き合いしたことはないという方もいます。

そのため、好きな人がいるという場合でもバイセクシャルの可能性があります。

 

中性的な人には惹かれない

バイセクシャルとは、「男性」と「女性」の2つの性の方を好きになる方のことを指しています。

つまり、他のセクシャリティには惹かれないということです。

現在はさまざまなセクシャリティが用意されており、女性同性愛者である「レズビアン」、男性同性愛者である「ゲイ」、心と身体の性が一致していない「トランスジェンダー」があります。

しかし、このような性的嗜好の方は恋愛対象に入らないということです。

他のセクシャリティの方も恋愛対象に入る場合、バイセクシャルには該当せず、パンセクシャルだと言えるでしょう。

 

バイセクシャルという言葉に安心感を感じる

最近は、さまざまなセクシュアリティが認められるようになりました。

そのため、LGBTQ+という言葉が多く聞かれるようになり、さまざまな方が自分のセクシュアリティに対して表現を行うようになりました。

その中で、バイセクシャルという言葉を聞いて安心感を感じるという場合、自分もバイセクシャルに該当するかもしれません。

他にもさまざまなセクシュアリティが用意されています。

そのため、他のセクシュアリティのことも詳しく調べてみて、自分に合うと感じるものや安心感があると思うものがあれば、そのセクシュアリティであることも考えられるでしょう。

 

自分がバイセクシャルだと考えることが楽しい

自分がバイセクシャルかもしれないと思う時に、周りに同じようなセクシュアリティの方がいないと、どのように判断したらいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

しかし、バイセクシュアルかもしれないと考えることが楽しいという方は、バイセクシュアルである可能性が高いです。

自分がバイセクシュアルかもと考えている時に不安に思ったり、違和感を感じるという場合には、一時的なものかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

最近、さまざまなセクシュアリティが認められるようになり、LGBTQ+という言葉がよく聞かれるようになりました。

その中で、自分がバイセクシュアルかもしれないと考える方も多くいるのではないでしょうか?

バイセクシャルとは、男性と女性の両方の性に惹かれる方のことを指します。

しかし、バイセクシャルと似たセクシュアリティも多くあるので、まずは自分がどこに該当するのかを判断することが重要です。

バイセクシャルの診断方法が用意されているため、まずはその質問に対して自分の心の声に従って考えて、答えを出すようにしましょう。

セクシュアリティには縛られず、自分に素直に生きることが重要です。

 

www.hide-room.com

www.hide-room.com